So-net無料ブログ作成

WBC2次ラウンド [WBC特別編]

日本は1次ラウンドA組2位となり、3月8日に第2次ラウンド初戦でB組1位の台湾と対戦しました。
延長10回の大熱戦を制し、3月10日にキュ-バに勝ったオランダと対戦しました。
オランダ戦は大会タイ記録の6ホーマーを踏む16点を挙げコールド勝ちし、準決勝進出を
決めました。
順位決定戦では再びキューバを破ったオランダとの再戦になりました。
2回に8点を挙げ、一時は8-1としましたが、オランダに追い上げられ8-6となったものの
8回に長野の2点適時打でオランダを振り切りました。
日本は2次ラウンドをを全勝し、1組1位となり3月18日に準決勝を行います。
(相手は2組の2位=相手未定)

2次ラウンド結果

3月 8日  日本4-3台湾

3月10日  日本16-4オランダ(7回コールド)

3月12日  日本10-6オランダ




対台湾(3月8日)                          日本スタメン  台湾スタメン   

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計      (指)角中   (左)陽岱鋼
                                     (二)井端   (中)林哲瑄
日本     0 0 0 0 0 0 0 2 1  1  4      (右)内川   (一)彭政閔
                                     (捕)阿部   (遊)林智勝
台湾     0 0 1 0 1 0 0 1 0  0  3      (中)糸井   (指)周思齊
                                     (遊)坂本   (捕)林泓育
                                     (左)中田   (右)張建銘
                                     (一)稲葉   (三)陳鏞基
                                     (三)鳥谷   (二)郭嚴文

(投) 日本  能見ー攝津ー田中ー山口ー沢村ー牧田ー杉内     
 
    台湾  王建民ー潘威倫ー郭泓志ー王鏡銘ー陳鴻文ー林羿豪ー陽耀勲

3回裏台湾が2死満塁から5番周思齊が押し出し四球を選び先制、5回裏には3番彭政閔が
中前に適時打を放ち追加点を挙げました。
4回、5回の共に2死1・3塁のチャンスを逃した日本は、8回井端、内川の連打で作った
無死1・3塁から阿部の適時打で1点を返し、続く1死1・2塁で坂本の適時打で同点に追いつきました。
8回裏台湾は無死1・3塁から5番周思齊の適時打で勝ち越したものの、後続を山口と沢村が
絶ちました。
1点を追う日本は9回1死から鳥谷が四球、2死から盗塁成功、井端が同点適時打で追いつきました。
9回裏台湾は2死1・2塁のサヨナラのチャンスを作りましたが、4番林智勝が牧田の前に三振に倒れ
延長戦に投入しました。
延長10回表、日本は先頭の相川がヒットで出塁、糸井四球、坂本送りバンドの1死2・3塁で
中田の犠牲フライで勝ち越しました。
10回裏は変わった杉内が1死1・2塁のピンチを迎えたものの、後続を併殺打に抑えて
熱戦に終止符を打ちました。



対オランダ(3月10日)                    日本スタメン    オランダスタメン

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  計      (二)鳥谷       (遊)シモンズ
                                  (指)井端       (二)スコープ   
日本     1 5 1 3 1 1 4      16      (右)内川       (中)バーナディナ  
                                  (捕)阿部       (右)バレンティン  
オランダ   0 0 0 0 0 4 0       4      (右)糸井       (指)ジョーンズ   
                                  (遊)坂本       (一)スミス      
   7回コールド                        (左)中田       (三)ボーハールツ 
                                  (一)稲葉       (左)サムス     
                                  (三)松田       (捕)リカルド    

(投) 日本   前田ー内海ー山口ー涌井

   オランダ  コルデマンスースタウフベルヘンーへイエスタフーファンドリールーバレンティナ

日本は1回表鳥谷の先頭打者ホームラン(今大会チーム1号)で先制、
2回表にはマツダの2ランホームラン、内川の3ランホームランの1発攻勢でコルデマンスをKO
その後も3回は稲葉のソロホームラン、4回は糸井の3ランホームランと5本のホームラン
5回は阿部のタイムリー2塁打、6回はマツダのタイムリー2塁打と着々と追加点を挙げました。
日本は前田の好投でオランダを5回まで無得点・9奪三振に抑え込みました。
オランダは6回裏に変わった内海をとらえ、2死満塁から4番バレンティンの走者一掃の2塁打、
さらに変わった山口からジョーンズが適時打を放ち4点を返しました。
しかし7回表、日本は1死満塁から坂本の満塁ホームランで4点を入れ、コールド勝ちしました。
日本のホールラン6本はWBC大会タイ記録で毎回得点を記録しました。 
     


対オランダ(3月12日)                   オランダスタメン    日本スタメン

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  計      (遊)シモンズ    (中)長野
                                  (右)スターティア  (二)松井   
オランダ   1 0 0 0 0 0 2 3 0  6       (二)スコープ     (遊)井端  
                                  (指)ジョーンズ   (指)阿部  
日本     0 8 0 0 0 0 0 2 ×  10      (一)スミス      (左)糸井   
                                  (左)サムス     (一)中田      
                                   (三)ボーハールツ  (左)角中 
                                  (捕)リカルド     (捕)炭谷     
                                  (中)オデュベル   (三)松田

(投)オランダ ベルクマンーイセニアーバベレクーへイエスタクーバレンティナ

   日本   大隣ー沢村ー田中ー今村-森福ー山口ー涌井ー牧田


オランダは1回表シモンズが先頭打者ホームランで先制、日本は2回裏に阿部のソロホームランで
同点、さらに1死満塁から松田(ソフトバンク)の中前適時打で勝ち越すと、長野が左翼線へ
走者一掃の二塁打を放ち、さらに2死1・3塁から阿部が1イニング2本目となる3ランホームラン。
この回一挙8点を奪いました。
7回表オランダは先頭のスミスが四球を選び、サムスの左翼線二塁打で2・3塁。
ここでボーハールツが高いバウンドの2塁内野安打。オデュベルの右犠飛で2点を返しました。
オランダはさらに8回表、変わった山口を打ち込み2点を返し、代わった涌井に連打を浴びせ1点を
とり、日本のリードはわずか2点になりました。
8回裏2死2・3塁で長野が2点適時打を放ちオランダを振り切りました。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。