So-net無料ブログ作成

常識のない人・第3章 [常識のない人]

狭い日本、特に大都市圏では近隣の住宅は密集し、住環境があまり良いとは言えません。
国の施策が悪いということが最大の原因かもしれませんが(土地が高い等)人間関係があまりにも近すぎる(距離的に)と思わぬトラブルのもとにもなりかねません。

都市の問題の一つに騒音があります。
自動車の通行量が多い、人口が過密している、人間関係が希薄など様々な要因がありますが、
節度ある暮らしをしていれば常識の範囲で片がつくと考えるのは甘いのでしょうか。

さて、人には様々な趣味があり、基本的には尊重されるべきものです。
多少自分の感覚とかけ離れていても他人に迷惑をかけない限りは基本的には自由でいいのでしょう。
しかし、あまりにも大きな音やにおいを出す場合は周りへの配慮も必要でしょう。
現在では有効な設備も多々ありますので、それらを使用することによって大部分の問題は解決できます。

ここで音(騒音)について考えてみます。
どのくらいの音ならば騒音になるかは過去の判例も参考になるでしょう。
また同じ大きさの音でも好き嫌いにより受忍限度は大きく異なりますし、相手との人間関係が良好か否かでもその判断は大きく違ってくるでしょう。
かつて殺人事件にまで発展してしまった不幸な例ではピアノの演奏がうるさいというのがトラブルのもとでした。
楽器の演奏などはまさに好き嫌いが大きな要素でしょうし、人間関係も大きく左右しそうです。

上記のように基準は人それぞれになりやすいので明確な線引きは非常に難しいのでしょうが、その音を出す時間帯には常識があると思うのです。
少なくとも普通の人が眠っているであろう時間帯は演奏による音は慎むべきでしょう。
そうなると何時からという線引きになるのでしょうが、夜8時~9時台は団らんの時間帯であり、テレビ等の音量もあるので演奏もありかな(考え方は人それぞれ)と思います。
10時過ぎになると子供やお年寄りの中には床に就く人も少なくないので、演奏は慎んだほうがいいのではないでしょうか。
さすがに11時過ぎの楽器の演奏は非常識であり、もしどうしても演奏したいならば外に音が漏れないような工夫・配慮(防音装置設置など)をするべきでしょう。

問題は寝ている(寝ようとしている)人に不快感を感じさせる行為はするべきではないということです。
自分が楽しけば時間帯も考えず演奏をしていいと言うものではありません。
自分が出す音は過小評価しやすいものです。(別にうるさくないだろ~)
完全に雨戸をしめ切っている冬場はまだしも、暑さで寝苦しく窓を開けて寝る夏場には迷惑この上ないものです。
特に今年は節電に努めるため、夜はクーラーをかけずに窓を開けて寝ることが多くなりがちですから迷惑度は一層強くなります。

少なくとも多くの人が就寝するであろう時間帯の楽器の演奏による騒音は演奏する側の言い分より、安眠の権利を優先すべきでしょう。

これが常識であり、これを理解できないハッタリ家は常識がないと言われても仕方ありません。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 4

taka

うちのマンションでは住宅用なので仕事は原則禁止です。
ところが音楽教室を始めた方がいました。

これは一日中ですから迷惑千万
下手なピアノを一日中聴かされると何事にも集中出来ません(苦笑)

ピアノにも減音装置があるのだから使用すれば良いのにと思います。
他の部屋から苦情が出たようでドアの看板は外しましたが、
今でも時々漏れて来ます
by taka (2011-07-18 14:04) 

renbajinharuhi

こんにちは、takaさん。

マンションの管理規約で仕事が禁止されているならば、居住者全員が守らなければいけないルールであり、管理組合に提訴してしかるべき処置をとってもらうのがいいでしょう。

正直者が馬鹿をみて、無法者が跋扈している社会は決して質の良い社会とは言えません。
by renbajinharuhi (2011-07-18 17:08) 

NO NAME

昔の記事を拝見し、コメントさせて頂きます。

>正直者が馬鹿をみて、無法者が跋扈している社会は決して質の良い社会とは言えません。

私も一度、あまりに迷惑でしたので、無法者に対して、根絶、もしくは拒否の反応をしたことがあります。それがきっかけで、文句を言われ、嫌われたようで、もう2度と、接触出来なくなりました。

恐らく無法者の精神は、自分の意見や主張が間違って居るはずがない。
それを分かってくれる人だけが自分の仲間である・・・という考え方であると思います。

自分中心の考え方が根付いているように見える人。
自分に都合の良い行動ばかりを取っているように見える人は、
大人になっても多く居る現実がありますね。

成人になっても、子供と同じ精神状態ですから、それは健常者ではなく、
知的障害者と言います。

知的障害者は、大人になっても、8歳未満の年齢の精神状態です。
成人した大人を相手にしているのと訳が違います。

無法者は、過去にも、山ほどの無法を繰り返しています。

それを無法者と定義付けるか、子供と定義付けるかは、本人次第です。

あまりにも、残虐行為が続けば、所定の機関に届け出るのも手かとは思います。

犯罪として立証される可能性は十分にあります。
by NO NAME (2011-10-15 18:12) 

renbajinharuhi

こんばんは、NO NAMEさん。
コメントをありがとうございます。

常識で測れない人とはかかわらないのが一番です。
明らかな犯罪(法律違反)ならば警察に通報するだけです。

ぐうの音も出ない証拠でもなければ白を切るのでしょうが。
(盗みを見ただけではだめで、証拠写真が必要等)
by renbajinharuhi (2011-10-15 20:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。