So-net無料ブログ作成

ファイナルバトル そして・・・ [WBC特別編]

WBC決勝において宿敵韓国を破り優勝連覇を達成しました。

1次ラウンドにおいて1勝1敗、2次ラウンドにおいても1勝1敗、まさに両雄譲らずで決勝の舞台に両チームが上がってきました。
5度目の対決、勝ったほうが5番勝負の勝ち越しとなるとともに優勝・世界一になる
大勝負の一番となりました。

     1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   計

日本  0  0  1  0  0  0  1  1  0  2    5   

韓国  0  0  0  0  1  0  0  1  1  0    3


日本は岩隈、韓国は奉重根の先発で始まりました。       スターティングメンバー

                                      日本       韓国
今回のWBCでの両者の対戦             
                                    9 イチロー   8 李容圭 
1次ラウンド 日本14-2韓国(7回コールド)          6 中島     指 李宅根 
                                    8 青木     7 金賢洙
1次ラウンド 韓国 1-0日本                  2 城島     3 金泰均
(1位決定戦)                            3 小笠原    9 秋信守   
                                    7 内川     5 李机浩
2次ラウンド 韓国 4-1日本                  指 栗原     4 高永民
                                    4 岩村     2 朴勍完
2次ラウンド 日本 6-2韓国                  5 片岡     6 朴基赫
(1位決定戦)                            ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・ 

                                    投 岩隈     投 奉重根
                                

1回表 イチローヒット、中島送りバント成功、城島四球も小笠原凡退で無得点
1回裏 韓国3者凡退
2回表 2死から岩村四球、片岡ヒットもイチローが凡退で無得点
3回表 中島ショートへの内野安打、青木が敵失などで作った1死1・3塁から小笠原がライト前
     タイムリーヒットで先制、なおも内川ヒットで1死満塁の追加点のチャンスだったが、
     栗原が併殺で1点どまり
4回裏 2死から3番金賢洙がチーム初安打を放つも後続なし
5回表 中島四球、青木とのラン&ヒット成功で無死1・3塁も城島三振、続く小笠原三振の時
     青木が盗塁失敗(オーバーラン)で無得点。
5回裏 韓国唯一のメジャーリーガー秋信守が同点ホールラン
     1死後レフト線へのヒットを打たれるもレフト内川が2塁への好送球でタッチアウト
7回表 先頭の片岡がヒットで出塁後2盗成功、イチロー3塁前のバントヒット、
     中島が勝ち越しタイムリー、なおも1死1.3塁と攻めるも城島が併殺打
8回表 1死後内川ヒット、稲葉(栗原と変わっていた)のエンタイトルツーベースでの1死2・3塁から
     岩村がレフトに犠牲フライで1点追加
8回裏 李机浩のツーベースを足掛かりにした1死3塁から代打李大浩の犠牲フライで1点を返す
     そのあと四球を与えた時点で日本はピッチャーを岩隈から杉内に交代
     杉内が後続を断ち1点どまり
9回表 先頭イチローがライトオーバーのツーベース、1死後青木敬遠の1死1・2塁も
     城島・小笠原が凡退で無得点
9回裏 先頭バッターに右の代打が出た時点でダルビッシュ有にピッチャー交代 
     1死後連続四球を出し、2死後に李机浩が同点タイムリー
     しかし後続が三振で延長戦

10回表 内川と岩村のヒットを足掛かりにした2死2・3塁でイチローがセンター前2点タイムリー
      今大会初の延長戦までもつれ込む熱戦に終止符を打つ

MVPは前回に次いで松坂が受賞しました。



おめでとう日本野球・すごいぞ日本野球

侍Japan 君たちが野球世界一だ!!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。