So-net無料ブログ作成

セリングクライマックスはいつか? [株]

昨日の株価指数は全面安の大幅安でした。

日経平均 15725円94銭 365円79銭安
TOPIX   1533.94   -39.60
東証2部  3941.67   -90.36
JASDAQ 2049.16   -38.65
マザーズ  1022.54   -67.57
ヘラクレス 1668.74   -98.78

東証2部、JASDAQ、マザーズ、ヘラクレスは年初来安値を更新いたしました。
投資家の懐もセンチメントも大幅に傷ついているのは確実です。
大雑把に言ってしまえば東証1部以外の株を今年買って利益の出ている投資家はいない水準になってしまったということです。
アメリカ市場との連動性も、最近は薄れており、日本株の弱さが目立ちます。
私自身の日本株の今年の新規買いは終了することは11月13日のこのブログで述べたとおりです。現在は中国株、アメリカ株、REITが運用の中心です。

大幅安の反動としての自律反発はあるかもしれませんが、私は買いは入れません。
今は反発に転じるきっかけとなる材料が欲しいところです。

私の考える一番の好材料はキャピタルゲイン課税10%恒久化です。

悪材料出尽くしになりそうなのは日銀利上げでしょうか。もちろん利上げ打ち止め感が伴うのが必要です。


 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(5) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

かまきり

こんばんは。
どうやらキャピタルゲイン課税10%恒久化は可能性が低そうです。
あるとしたら、条件として1年以上保有の場合に限るとかではないでしょうか。
おそらく団塊の世代の資金が投資市場に流れこむことを皮算用しているんだと
思います。
そろそろ市場もキャピタルゲイン減税撤廃を織り込んできているでしょう。
あとは、割安になりすぎた銘柄の買い戻しが、市場を引っ張ってくれれば・・・
by かまきり (2006-11-22 21:58) 

renbajinharuhi

こんばんは、かまきりさん。
国の方針が貯蓄から投資、規制緩和といいながら、自己責任と自由の象徴である株式投資に罰金にも等しい重税をかけるような国の市場は世界中の投資家から見放される可能性もあるでしょう。私は現在中国株とアメリカ株とREITが中心の運用になっていますが、今年中に日本株の新規買いをする予定は今のところありません。もし課税が決まれば、その決まり方にもよりますが、今までみたこともない株数の売りが出ると思っています。その株数は信用残や裁定残とは比べ物にならない膨大な株数です。緩和措置は日本得意の問題の先送りであり、根本的な問題解決にはつながりません。
by renbajinharuhi (2006-11-22 22:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5