So-net無料ブログ作成

2017年6月12日の3大市場 [株]

6月12日のアメリカ市場は
ダウは36ドル30セント安の21235ドル67セントで終了しました。
ナスダックは6175.46(- 32.45)で終了しました。
S&P500は2429.39(-  2.38)で終了しました。

シカゴ日経平均先物は19810円で終了しています。
原油価格は46ドル08セント(+25セント)で終了しました。
金価格は1268ドル90セント(-2ドル50セント)で終了しました。


6月12日の上海総合指数は-18.524の3139.876と反落しました。
上海 B    321.079 - 3.883
深センB  1109.271 - 1.324

6月12日の香港市場は続落しました。
香港ハンセン   25708.04 - 322.25
H     株    10485.85 - 106.32
レッドチップ    4019.63 -  46.19


6月12日(月)の日本市場の前場は安く始まり、
下げ幅を広げる場面もありましたが、その後は下げ幅を縮めました。
後場は19900円近辺での小動きでした。
東証1部の時価総額は586兆3439億円で終了しました。

日経平均  19908円58銭  104円68銭安
TOPIX     1591.55  -   0.11
東証2部    5967.99  -  13.26
ジャスダック  3213.57  +  14.29
マザーズ    1125.18  -   6.97


2017年6月12日の日経平均     2017年6月12日の日経平均先物


始値 19920円77銭( 9:00)     19900円( 8:45)
高値 19949円07銭(11:27)     19920円( 9:09)
安値 19837円64銭( 9:56)     19800円( 9:53)
大引 19908円58銭(15:00)     19860円(15:15)


     日経平均年初来高値       日経平均年初来安値

終値  20177円28銭         18335円63銭
     (2017年 6月 2日)    (2017年 4月14日)

ザラバ 20239円81銭         18224円68銭
     (2017年 6月 2日)    (2017年 4月17日)



日経平均2016年~2017年3月高値 日経平均2016年~2017年3月安値

終値  19633円75銭          14952円02銭
     (2017年 3月13日)     (2016年6月24日)

ザラバ 19668円01銭          14864円01銭
     (2017年 3月 2日)     (2016年6月24日)




     日経平均2016年高値       日経平均2016年安値

終値  19494円53銭(12月20日) 14952円02銭(6月24日)
ザラバ 19592円90銭(12月21日) 14864円01銭(6月24日)


日経平均2015年~2016年3月高値 日経平均2015年~2016年3月安値

終値  20868円03銭           14952円61銭
   (2015年 6月24日)      (2016年 2月12日)

ザラバ 20952円71銭           14865円77銭
   (2015年 6月24日)      (2016年 2月12日)



日経平均2014年~2015年3月高値 日経平均2014年~2015年3月安値

終値   19754円36銭          13910円16銭
   (2015年 3月23日)      (2014年 4月14日)

ザラバ  19778円60銭          13885円11銭
   (2015年 3月23日)      (2014年 4月11日)


   日経平均2013年の高値     日経平均2013年の安値

終値  16291円31銭        10486円99銭
  (2013年12月30日)    (2013年 1月23日)
      
ザラバ 16320円22銭        10398円61銭
  (2013年12月30日)    (2013年 1月 9日)


   日経平均2010年~12年の高値  日経平均2010年~12年の安値

終 値  11339円30銭         8160円01銭
   (2010年 4月 5日)     (2011年11月25日)  

ザラバ  11408円17銭         8135円79銭
   (2010年 4月 5日)     (2011年11月25日)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の備忘録

      2014年終値     2015年終値     2016年終値
 
ダウ 17832ドル07セント 17425ドル03セント 19762ドル60セント
ナスダック  4736.06     5007.41     5383.12
S&P500 2058.90     2043.94     2238.93

シカゴ日経平均先物 17310円    18760円      19040円
原油価格   53ドル27セント   37ドル04セント   53ドル72セント
金価格  1184ドル10セント 1060ドル20セント 1151ドル70セント

上海総合指数 3234.677    3539.181   3103.639
上海B     290.758     426.406    341.800
深センB   1028.813    1309.363   1127.699

香港ハンセン 23605.04    21914.40   22000.56
H    株 11984.69     9665.03    9394.87
レッドチップ  4350.00     4052.12    3587.99

日経平均   17450円77銭  19033円71銭  19111円37銭     
TOPIX    1407.51    1547.30     1518.61      
東証2部     4391.21    4729.85     5229.90
JASDAQ     2363.94    2647.60     2739.25
マザーズ      909.67     887.14      942.68 

nice!(7)  コメント(15) 

nice! 7

コメント 15

サンフランシスコ人

「6月12日のアメリカ市場......」

Square Inc
(NYSE:SQ)

23.60
+0.57 (2.48%)
After Hours: 23.47 -0.13 (-0.55%)
Jun 12, 4:29PM EDT
NYSE

http://usacommercedaily.com/2017/06/12/square-inc-sq-sitting-close-to-a-major-resistance-line-on-the-technical-charts-3/

http://uniontradejournal.com/ebitda-yield-technical-update-on-square-inc-nysesq/58378/


by サンフランシスコ人 (2017-06-13 05:50) 

wine

おはようございます。renbajinharuhiさん
メール送りました。
これというわけではないでしょうがそろそろセクター転換の兆候と思う次第です。(??)
by wine (2017-06-13 07:44) 

renbajinharuhi

おはようございます、wineさん。
メールをありがとうございます。

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-13 08:31) 

wine

きわめてスローペースですが、機械が人の労働にとって代わるとき、労働所得より資本所得かより加速度的(加速度は超のろのろ。ただし力強く止まらない。)に収益分配率が上がるときでもあります。
 資本所得の拡大こそ重要な時期です。
身の回りの小売価格、平均のベースアップを見ても感じられます。(~~)
 実際コア銘柄はヒタヒタ(ノロノロと。とにかく値幅が少なくヨタヨタ上昇。)という上がりで安定的です。
 これが現れていると思います。
 さらに配当拡大を目指しています。
(無論長期で安定的に望めるところのみ)
 だからこそ、キャピタルゲイン狙いの売買は減り、個人資金も固定化されている部分が多くなっているわけです。市場を動かすほどの資金でやっているわけではありません。(笑)
 企業の実際増配と買根への集中。ドル転のタイミングの時期に助けていただけたことのおかげであると思います。(連絡が取れない!米国にわたったのか(TT)そういう人だから。数学の天才のみの楽しい職場?私にとっても宇宙人。ありがとうございました。)


実際今のこの転換期が好機です。一番忙しい!そういう時期です。
欧州もコアに入れる気ですから。(1~2銘柄。)
先手必勝!間合いが命です。(買値にはうるさいほうです。)
(^^)




by wine (2017-06-13 09:29) 

renbajinharuhi

買うタイミングが売るタイミングより簡単とまでは言い切れませんが、市場が過熱しているときに売り抜けるよりは市場が閑散な時に買うことのほうが、キャッシュさえあればやりやすいでしょう。
特に利回り裁定(何%なら買う)の人は単純に数値化できます。
(もちろん業績や将来性は考慮の上で)

上がりそう、下がりそうが基準でももちろん構いませんし、単純にPER等の指標で判断しても自由ですが、現時点が高いか安いかならば高いことには異論はないでしょう。(史上最高値圏)

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-13 09:58) 

wine

銘柄、セクター、国次第ですよ。(^^)
石油、エネルギーは底値が多く、金融も中休み中。
その利益を上げていても見られていないものもあります。

実際ウラン株を買っています。
エネルギーはご存知の通り。
欧州株狙いです。
 現状は「景気の実態」より「投資家のセンチメント」のスイングの方が大きいために起きていると思っています。
 11月にトランプ当選が決まったときは「これからはgrowth initiativeがあるからGDP加速だ!」と投資家は断定していたように思います。
 つぎにトランプが大統領になってからは「これはダメだ、トランプは経験不足で、なにも実行できない!」と断定し、GDP鈍化の方へ雪崩を打って皆、賭けていたように思えます。
 (だから買えている!(^^))
 ETF的動きです。ドルが安いのも、金利が下がったのも、FANG株が買われたのも、すべて同じ発想、行動だと思います。
 その間、実体経済はメールで話している通り、あまりブレず前政権の恩賜で、ひたひたと拡大している、、、まあそういった感じととらえています。
 私はご存知の通り実態経済基準で動いています。
 そのためです。
 (^^)
by wine (2017-06-13 10:48) 

renbajinharuhi

影(大量の資金や投資家のメンタル)が実態(景気や経済状況)を凌駕することがたびたびですが、本質を追求すれば大はマクロ経済、小は企業業績に収斂します。
ここを重視するのは投資の王道でしょう。

全員が右向け右、流れに乗るはありがちですが、多数派は市場の勝利者にはなれない(なりにくい)は歴史で繰り返されてきた事実でもあります。

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-13 11:52) 

wine

>本質を追求すれば大はマクロ経済、小は企業業績に収斂します。
その通りだと思います。
 (^^)
実際私がやっていることです。メールします。
by wine (2017-06-13 17:20) 

renbajinharuhi

こんばんは、wineさん。
メールをありがとうございます。

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-13 21:26) 

wine

私がこれでフル投入する原因はわかったと思います。
通常は進められていません。それが正しいと思います。
やり方が違うためです。
当然うまくいったものが多ければ資金的自由はなくなります。(TT)
 金、月曜日の下落がありましたが私の持ち株は影響を受けていません。むしろ上昇しています。これで確認できました。
 しかし本格的なものはまだ先だと思います。

(^^)
by wine (2017-06-13 22:03) 

renbajinharuhi

得意の型を持つことは大切ですが、自分自身のオリジナリティーを持つことはそれ以上の強みになります。
高配当の銘柄が株価の上昇に応じて増配(業績の裏付けがあり)し、利回りが下がらないならばまさにバイ&ホールドの完成形に近く、売ることを考える必要もありません。
(資産の増大+インカムの増加)

>全般下落の中での持ち株の上昇(もしくは維持)
まさに個別株投資の醍醐味です。

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-13 22:13) 

wine

renbajinharuhiさんにも指数売買を進められましたが、個別にこだわる理由はこれです。
実際仮想テストでも収支は上です。
 ご存じでしようが、指数売りは楽ですが、個別はやっていないとできなくなります。(手間が多い)(TT)
 めんどくさく、利益まで長く時間がかかるものが有利になると思います。
(少数者は有利。ゆえにファンダ重視。しかしテクニカルは欧米人基準で十分)
テクニカル的でないものが有利になると思います。
ビックデーターによる人工知能判断、自動売買が増えるのですから。(瞬間処理はかなわなくなると思います。トレーディングは不利に。)
 同じ動きで大きく動くのが増えるわけですから、なおさらやりやすくなります。(デマはさらに倍に(TT))


 今回の調整ですが実際口座を最初開いたときは気づいていませんでした。数秒してマーケットデーターを見てからです。
 また増配は順調のようですが、利回り的には下がっています。
 そのため、久しぶり入れ替えしていました。(あと5%くらい。)
少し割高に評価されています。
(買い増しには不可)
安全ののりしろです。(^^)
大型株が多いためもあります。
(^^)
by wine (2017-06-13 22:41) 

wine

ただトランプおじさんのどのくらいおかしいことをやるかは不明です。短期の右往左往はあると思います。(TT)
 長期金利を個人の力で下げしかもドル安けん制までこなす!
凄い方ですから。
(自国を犠牲にチャイナが有利になるようにしている?キューバはまずいでしよう。クシュナーへの資金援助は本当?)
(無論皮肉です。)
by wine (2017-06-13 22:47) 

wine

いまのところ明日の「経済予想サマリー(SEP)」の中でFFレートの2017年末のコンセンサスに注目しています。
1.3%なら変わらず、1.4%なら流れが変わる確率があります。ビクビクワクワク!(><)
(。。)

(^^)
by wine (2017-06-13 23:24) 

renbajinharuhi

世界一の投資家が「明日の株価は聞くな」と述べている通り、短期では何があるかはわかりません。
一方で資本主義経済はインフレ経済で、その中で優秀な財やサービスを供給する企業はインフレ率以上に成長する事実がある以上長期投資は勝てる可能性を持っています。

>めんどくさく、利益まで長く時間がかかるものが有利になると思います。
同意します。

何を信じ、どう行動し、着実な運用か、一獲千金狙いかも自己責任なのでOKですが、ゆっくり資産を増やしたいと思っています。

(^^)
by renbajinharuhi (2017-06-14 09:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。