So-net無料ブログ作成

WBC2次ラウンド 日本ーオランダ [WBC特別編]

2017年3月12日(日) 東京ドーム 2次ラウンド

日本死闘を制す!


日本スタメン
                 1234567891011    計
1 三 田中広輔    日本     01401000002    8
2 二 菊池涼介
3 右 青木宣親    オランダ   01400000100    6
4 左 筒香嘉智
5 一 中田翔  
6 遊 坂本勇人
7 指 山田哲人
8 中 秋山省吾
9 捕 小林誠司
投 石川歩


オランダスタメン

1 遊 シモンズ
2 中 プロファー
3 三 ボガーツ
4 右 バレンティン
5 指 グリゴリアス
6 二 J・スクープ
7 一 スミス
8 捕 リカルド
9 左 Ra・オドュベル
投バンデンハーク


2回表日本は秋山の犠飛で先制。
その裏オランダはJ・スクープ のホームランで同点。
追い付かれた日本は3回表に中田の3ランと秋山のタイムリーで4点勝ち越し。
その裏オランダはシモンズのタイムリー、ボガーツの犠飛のあとバレンティンに
2ランが飛び出し4点で同点に追いつく。
5回表日本は小林のタイムリーで1点勝ち越し。
その後は再三のピンチをしのぎましたが、9回裏にオランダはJ・スクープ の
タイムリーで追いつき延長に入りました。
延長10回表1死後、小林ヒット、代打内川ツーベース、菊池敬遠の1死満塁の
チャンスでしたが青木が併殺に倒れ無得点。
10回裏は9人目の牧田が3者凡退に抑えて11回からのタイブレークに突入しました。

タイブレークの11回表日本は鈴木が送りバントで進めた1死2・3塁で
中田が2点タイムリーで2点勝ち越し。
その裏のオランダの攻撃を牧田がしのいで日本は勝利をもぎ取りました。




タイブレーク
無死1・2塁の状態から攻撃スタート

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。